ウーマン

賢く不動産を利用して収益GET|マンション経営と管理を知る

土地の活用ができる新事業

貯金箱

企業には魅力のある事業

ここ数年で多くの企業がメガソーラーの建設を行うようになっています。メガソーラーの建設が盛んな理由としては、まず太陽光発電事業が採算のとれるビジネスになっていることが挙げられます。メガソーラーで発電された電力は電力会社へ全量を売電することが可能です。その売電収入によって、企業は新たな収益源をつくることができています。次にメガソーラーが多く建設された理由として、広大な土地を有効活用できることが挙げられます。伝統的な企業などでは、使われていない工場跡地の使い道に困っている状況が生まれていました。近年、国内の製造工場の必要性が低下していたからです。しかし、使われていない広大な土地はメガソーラーを設置するにはうってつけとなり、新規参入企業が増えていった経緯があります。

地方で建設するメリット

企業がメガソーラーを建設する場所としては、都市部よりも地方に建設する方がメリット的に大きくなる状況が出ています。地方においては過疎化が進み、耕作放棄地などの広大な土地が見つけやすくなっています。都市部ではメガソーラーが建設できるほどの土地はそう簡単に見つけることができません。また、地方では土地が安いことも大きなメリットです。土地代が安いことで、企業では初期投資を抑えることが可能になります。また、地方でも北海道や鳥取などではメガソーラーを建設すると、補助金がもらえる所が存在しています。北海道などでは地域の活性化のために、メガソーラーを積極的に誘致する政策が取られています。したがって、企業はメガソーラーのための補助金が出る地域で建設をした方が有利と言えます。