ウーマン

賢く不動産を利用して収益GET|マンション経営と管理を知る

失敗に備えた運用も大事

グラフ

一部屋からの運用も有効

不動産投資である以上、マンション経営にはリスクが常に存在します。そして不動産のプロでも経営に失敗することがある以上、万が一の失敗時には影響が最小限で済むように、リスクコントロールを行う工夫も大切です。例えばその1つの工夫が、運用の範囲を限定的にすることです。まだマンション経営を始めたばかりの頃はあまり手広く経営をせずに、一部屋からの運用もお勧めできます。もし一部屋の運用の時点で経営に失敗したならば、その影響も限定的ですから次のマンション経営に活かすこともできますし、あるいはここで自分に経営は不向きと判断することもできます。どちらにせよ影響は限定的で済むため、リスクを恐れて経営に必要なノウハウを得られなかったということも減るはずです。

副業としても人気がある

平均給与の伸び悩みもあって副業を考える人が多くいる時代において、マンション経営はその副業ができる投資として人気が高まっています。マンション経営と聞くとかなり大変そうなイメージを持つ人も多いですが、場合によっては面倒な賃貸管理に関しては、管理会社にほぼ全てを委託することも可能です。このためサラリーマンから自営業、定年退職した老夫婦など様々な人が副業としてマンション経営を行っています。またマンション経営が副業に向いているもう1つの理由が、一部屋からでも始めることができる点です。そのため少額から始めることが可能で、経営のリスクも抑えることができます。ミドルリスクながらも、ミドルリターンが望めるマンション経営は、副業人気もあって注目されています。